飾り棚をDIYしておしゃれにディスプレイ!作り方と実例を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お部屋に飾り棚があると、それだけで自分のカラーが出せてお部屋に色がつきますよね。 そんな飾り棚を、簡単DIYで作ってオシャレに飾ってみませんか? 今回は、お手本にしたい飾り棚の実例から作り方までご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

飾り棚のDIYってどんな感じ?(実例紹介)

まずは、飾り棚DIYのイメージトレーニングで、実際にどんな感じで作っているのか、実例をご紹介したいと思います。
身の回りのもので工夫されてとってもオシャレな飾り棚になっているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

・すのこを使って

ミニカーや、薄いアルバムは、すのこの角材の幅にぴったりなんですね。
作り方は、すのこを着色して、木材で両脇を固定し、アルバムの落下防止に丸棒をつけています。
あとは、すのこをひっくり返して立て掛けるだけ。
今すぐ真似できそうな素敵な飾り棚になっていますね。

https://img1.roomclip.jp/images/img_640/2d59314bf08f5e35c3148505e84eff3dc604096c.jpg

・スキー板を利用して

こちらの飾り棚は何を使っていると思いますか?
実は使わなくなったスキー板を利用しているんです。
スキー板の曲線がなんともいえない素敵な味をだしているんですよね。
作り方も至ってシンプルで、棚受けを壁にとりつけてスキー板を固定しただけです。

http://www.interiordesignbox.com/wp-content/uploads/2009/11/simple-home-decorating-proj.jpg

下の写真は100円ショップのディッシュスタンドをカットして、壁に固定し、廃材を好きな段にのせただけの、簡単でかっこいい飾り棚です。
好きな色にペイントすれば、お部屋に合った飾り棚ができますね。

https://see-sow.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/uploads/2015/06/4b1ff7bf447a6f772dd3f481484dbb0d.jpg

下の写真は、植物ポットを壁にとりつけ、飾り棚兼収納を実現してしまった事例です。
子どもの身長に合った高さに設置されているので出し入れもしやすそうですね。


http://interior-online.net/news/wp-content/uploads/2013/04/kids_storage14.jpg

下の写真はコンクリートブロックと板を組み合わせてつくった飾り棚です。
コンクリートブロックは重量があり運ぶのは大変ですが、その分置くだけでしっかり安定した飾り棚が簡単に出来てしまうというメリットがありますね。
かっこいいお部屋をめざしている方、是非お試しください。


Uhttps://img9.roomclip.jp/images/img_640/394abf600e8a0ecd1053e74252c9ca0f2de33ebd.jpg

スポンサーリンク

飾り棚をDIYしてみよう!(すのこ編)

さて次は、DIYしやすい素材「すのこ」を使って作る飾り棚の作り方をご紹介していきたいと思います。

材料

・6枚板のすのこ (85センチ×45センチ)・・・2枚
・蝶番 ・・・2個
・金槌
・ノコギリ
・サンドペーパー

http://www.interior-heart.com/interiordesign/sunoko/images/item4-1.jpg

作り方

1. 6枚板のすのこを4枚と2枚に分かれるようにカットする。
  (すのこ2枚とも同じ作業を行う)カットした部分はサンドペーパーや、(あれば)サンダーで面を整えておく。

http://www.interior-heart.com/interiordesign/sunoko/images/item4-3.jpg

2. 4枚のすのこの中の2枚の板をすのこの後ろから金槌でたたいて取り除く。(4枚のすのこ両方とも同じ作業を行う)

http://www.interior-heart.com/interiordesign/sunoko/images/item4-4.jpg

3. はしご状になったすのこを2枚合わせ、上の部分を蝶番で固定する。

http://www.interior-heart.com/interiordesign/sunoko/images/item4-5.jpg

4. 3のすのこを広げて間に切り取ったすのこを2枚ずつはさめば完成!
あっという間にオシャレな植物飾り棚が完成しました!

http://www.interior-heart.com/interiordesign/sunoko/images/item4-6.jpg

・飾り棚をDIYしよう!(棚受け編)

次に、棚受けを使った飾り棚の作り方についてご紹介します。

棚受けとは、下の写真のような棚を取り付けるための金具で、ホームセンターや100円ショップ、インターネットでも購入できます。

315rPmAOLeL

好みの棚受けを発見したならば、レッツDIYです!

材料

・好みの棚受け・・・2個
・ビス・・・4個
  (ビスの個数や長さは飾り棚に置くものの重量によって変わります。重いものをのせる場合は、長いビスを使うようにするとよいでしょう。)
・板・・・1枚(厚みがある方が望ましい)
・水平器
・ドライバー


http://www.ornedefeuilles.com/blog/wp-content/uploads/2012/06/MG_3046.jpg

1. 棚受けを取り付ける位置を決めます。
重いものを取り付ける場合は、壁の中にある柱を探してそこに取り付けると良いでしょう。

壁をたたいてみて、音の違いで柱があるか調べたり、下の写真のような下地センサーを使って調べたりします。

2. 位置が決まったら、棚受けをビスで固定しますが、その際、下の写真のように水平器で水平を確認してから取り付けると良いでしょう。

http://www.ornedefeuilles.com/blog/wp-content/uploads/2012/06/MG_3034.jpg

3. 板と棚受けをビスで固定して完成!
 お好みで板をペイントしてみても楽しいですね。

http://www.ornedefeuilles.com/blog/wp-content/uploads/2012/06/MG_3060.jpg

いかがでしたでしょうか。
飾り棚があると、好きなものを買ったり、ディスプレイしたりするのも楽しくなりますよね。趣味が広がりそうです♡
簡単にできる飾り棚DIY、ぜひ試してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

neccoの最新情報をお届けします