DIYをやるなら揃えたいおすすめの道具&工具まとめ!初心者向け。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

DIYへの最初の一歩の壁となっているのが、「道具がない!」っていうことですよね。そこで今回は、DIY初心者がまず揃えるべき道具をピックアップしてみました。DIYで使う道具は、プロが使う道具もありお値段の貼るものも多いのですが、ここでは、初心者にオススメの道具をピックアップしてご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

ここからはじめよう!DIY初心者必須の道具まとめ

1. メジャー

なんといってもDIYは採寸からはじまることが多いのですが、その採寸を正確に行うために必要なものが、メジャーです。裁縫や体形をはかるための柔らかいメジャーと、かたいメジャーがありますが、両方とも100円ショップで入手可能です。

2. さしがね

L字型をした定規です。直角や正確な平行線を引く時に重宝しますよ。金属でできていて重さもそれなりにあるので、ずれにくいところも使いやすいと感じるポイントです。

3. のこぎり

はかった後は切る!のこぎりはDIYの中でも最も必須アイテムの一つですね。のこぎりの使い方に慣れるのがまずは第一関門かもしれません。100円ショップでも売られていますが、刃が折れやすいものもあるので吟味して購入してくださいね。

4. 大型カッター

普通のカッターよりも厚手のものも切れる大型カッターは1つ持っていると大変便利です。100円ショップに売っている2センチ程度のベニア板を切る時などは、のこぎりよりこのカッターが便利。

また、よく切れるカッターは壁紙貼りなどには欠かせないアイテムとなっています。

5. 金槌

ご存知、釘を打つための金槌です。持ち手のところがゴム製のものを選ぶと、滑りにくいですよ。また、金槌は釘を打つ他にも、ダボを埋め込んだり、枠をはめ込んだりする時などにも使えますので早めの準備をおすすめします。

6. タッカー

簡単にいうと大型のホッチキスのようなものです。木材同士や、木材とポリカーボネート(プラスチック板)などのを接合する時に便利です。また、イスの生地を変えてリメイクする時などにも必須アイテムです。

7. グルーガン

のりを温めて接着します。グルーガン本体に、樹脂のスティックを入れて使います。これは100円ショップに売られているものでも十分に使えます。これはほとんどのDIY女子が所持しているといってもいいくらいDIYやリメイクには欠かせない存在です。

8. ドライバー

ドライバーはプラスドライバーだけでも、サイズ違いがいくつか必要になってきます。もちろん、プラスだけでなくマイナスドライバーも必要ですので、このようにドライバーセットがひとつあると便利です。

電動ドライバーを買ったとしても、電動ドライバーが入らないような場所の作業ではやはり、ドライバーセットが必要になってきます。

9. マイターボックス

のこぎりで厚みがある木材を切る場合に、まっすぐ切っていたつもりでも途中で曲がってしまっていた、なんていう経験があるDIY女子にオススメのアイテムがこちらです。

また、45度に切りたい時も計測なしで、すぐそのまま切ることができます。のこぎり初体験女子にオススメの道具です。

10. クランプ

かを切るときに、グラグラしないようにしっかり固定してあると楽に切れますよね。その固定しておく道具がクランプです。
切る時以外にもボンドが乾くまで、おもりをのせておくかわりにクランプでしっかり固定する、なんていう使い方もあります。
100円ショップで購入できるので、2〜3個用意しておくと便利です。

11. 電動ドライバー

DIYをはじめて少したつと、必ず欲しくなってしまうと言われているのが電動ドライバー。これがあるのとないのとでは、作業効率に格段の差がでます。非力なDIY女子のお助けアイテムです。

12. 水平器

左右の水平や地面との垂直をはかる道具です。お庭のウッドデッキや、ウッドフェンスを作ったり、レンガ花壇を作ったりする時に必須となってくるアイテムです。100円ショップのものでも十分に使えます。

13. ビニール手袋

主に塗装作業であると大変便利なものが、このビニール手袋です。100円ショップに主にキッチン用で100枚入りのものが販売されていますが、DIY用にストックしておくと重宝します。

特に主婦の方!塗装していてもビニール手袋をゴミ箱へ捨てるだけで即お買い物に行けたりと、こびりつくペンキなどで手を汚すことなく快適ですよ。

スポンサーリンク

DIYであなたのお気に入りをつくっちゃおう♡

DIYに必須と言われる道具から、あると便利な道具までご紹介してきました。
DIYの醍醐味はやはり自分の好きな物だったり、空間だったりを自分で作って楽しめることだと思います。
ご紹介した道具を使って、あなたのお気に入りを作ってみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

neccoの最新情報をお届けします